アンチエイジングケアの効果を高める心の持ち方

アンチエイジングを進めていくにあたって、障害となるものがあります。
それが精神的なストレスです。

 

ストレスは誰でも毎日少なからず感じているものですが、
このストレスによって細胞の老化を早めてしまうんです。

 

では、そんなストレスとうまく付き合いながら、
アンチエイジングケアを進めていくポイントをご紹介したいと思います。

 

 

人はストレスを感じると、活性酸素が大量に発生します。
活性酸素は細胞にくっついて、細胞をさび付かせてしまいます。

 

肌細胞が活性酸素の影響を受ければ、くすみや血行不良の原因となりますし、
体の細胞だと大きな病気であるガンの原因にもなるんです。

 

この活性酸素を発生させないためには、
ストレスとうまく付き合っていくことが大切
です。

 

そのためには、気持ちを持ち方を変えていく必要があります。
そこで、アンチエイジングケアの効果を高める心の持ち方を紹介したいと思います。

 


アンチエイジングケアの効果を高める心の持ち方記事一覧

例えば、ストレスが溜まると、暴飲暴食に走ってしまったりすることありますよね。そんな時、心は食べ物や飲み物を取ることで、ストレスを減らそうとしているのです。その行動を後悔してしまうと、余計に精神的に疲れてしまって逆効果。失敗したなあ…と思うことがあっても、「心が健康になるためだったんだ」とか「もう大丈夫、明日からはもう大丈夫」という風に、気持ちをプラスの方向に持ってみることが大切です。

職場や家族、友人にもイライラを感じることは誰でもあります。そんな時は、心が余裕をなくしている証拠。なので、イライラを感じる場所や物事からは離れてみましょう。職場であればお手洗いに一時的に逃げ込んでみたり、友人と出かけた先だったら、大きなお店の中で別行動をとってみたり。一人の時間を作って「イライラしているね。でも、こんなイライラは長く続かないよ」と自分で思うことで、不思議と15分くらい経つと気持ちが...

ストレスが溜まると、人は無意識にそれを回避しようとして、普段ならばやりそうもない行動にでることもあります。上で挙げた暴飲暴食だったり、カラオケで徹夜してしまったり、買い物で欲求を満たしたり…。でも、いざ実行しようとしたときに自分に歯止めをかけてしまうのは逆効果。程度にもよりますが、時にはやりたいことをトコトンやってみるのも大切です。そして、その後、自分のストレスを認めてあげるために「今までよく耐え...