鏡の自分と対話する

 

手のひらで肌に触れながら、鏡で自分の顔をよく見てみましょう。
この時、肌の調子はどうなのか、表情が暗くなっていないかなど、
自分自身をしっかりと見つめてみます。

 

 

 

そして、寝る前に口角を上げて笑顔を作ると、
ストレス物質がなくなって、ぐっすり眠れます。
精神的にも余裕を持ち続けることが、
アンチエイジングケアを進めていくには大切なことなのです。

 

 

歳を重ねてもきれいでいたい…これは女性であれば誰しもが思う事。
ですが、気にしすぎるとアンチエイジングケアは行き詰ってしまいます。
あくまでも自然体に過ごす中で、できることから始めていきましょう。