朝早く起きること

朝、ぎりぎりまで寝ている…という人は多いのではないでしょうか?
睡眠をしっかりととることはとても良いことですが、それで朝の支度に余裕がもてなければ本末転倒。
朝食を食べないと体が目覚めませんし、
水分も足りないので肌はどんどん乾燥していきます。

 

それをなくすために、朝余裕をもって起きる「朝活」をしてみましょう。
と言っても、ウォーキングやランニングをしましょうという事ではなく、
20分、30分早く起きて、朝食をゆっくりと食べる習慣をつけるということ。

 

朝、あまり食欲がないという人は、
白湯をコップ1杯、時間をかけて飲むのがオススメ。
水分を補給しながら内臓を動かし、朝の目覚めのスイッチを入れることができます。

 

心の余裕があるとストレスが減り、活性酸素の発生を抑えることになり、
アンチエイジングの面でも嬉しいことばかり
なんです。