肌の老化と更年期障害には密接な関係がある!アンチエイジングケアの効果を高める更年期対策

年齢を重ねるごとに不調を感じるのは、何もお肌だけではありません。
女性の場合、「更年期障害」に悩まされる人も増えています。

 

そして、この更年期障害によって、お肌の調子が悪くなることもあります。

 

 

アンチエイジングを進めるためには、更年期障害とうまく付き合っていくのが
ポイントとなってくるのです。

 

更年期障害は、30代後半?50代くらいの間に、
女性ホルモンである“エストロゲン”の分泌が減るために起こる、
様々な体や精神的な不調のこと。

 

ホルモンバランスが乱れることで、突然の動悸やのぼせ、冷や汗が起こったり、
手足がしびれるなどの生活に支障をきたすような症状が現れます。

 

また、精神的にもマイナス思考が強くなったり、イライラが募ったりなど、
過ごしにくさを感じる人が多いのです。

 

更年期障害と肌の老化

 

さらにそれだけでなく、エストロゲンが減少すると、
コラーゲンのはたらきが弱くなります。

コラーゲンが弱々しくなるという事は、それだけ肌の弾力が失われ、
シワやたるみ、ほうれい線が目立ってしまうのです。

 

また、ホルモンバランスが乱れることで、肌の水分や油分の調節もうまくいかなくなり、
バリア機能が低下していきます。
すると、紫外線や空気の乾燥をより敏感に感じることになってしまい、
受けたダメージを修復するパワーも衰えてしまいます。

 

このように、更年期障害と肌の調子が衰えるのには密接な関係があります。

 

 

更年期障害の予防とアンチエイジング対策

 

そこで、更年期障害の症状を予防したり、少しでも軽減させていくことが、
肌の老化を防ぐこと=アンチエイジングへと繋がります。

 

・体を温めてホルモンバランスを整える
・軽い運動をして血流をよくする
・バランスの良い食事をとる
・朝しっかりと起きて、夜はゆっくり眠る
・女性ホルモンと同様のはたらきをするサプリメントを取り入れる

 

など、色々な改善方法があります。

 

体を温めるとリラックス効果が期待できるため、
イライラやマイナス思考の予防にもなります。

 

また、体を動かすことで体温調節をしっかりと行えるようになり、
のぼせなどが起きにくくなります。

 

汗をかいて代謝を良くすると、肌の生まれ変わりも活発になるので一石二鳥なんですよ。

 

そして、朝太陽の光を浴びると、ホルモンバランスが徐々に整い、
活動的にすごせるようになります。
気分が晴れやかになるので、ストレスによる肌細胞の老化を防ぐことができるんです。

 

さらに、大豆イソフラボンやプエラリアなどのサプリメントが体質に合う人ならば、
それらを補給することでエストロゲンの働きを手助けし、
コラーゲンを活発化させることに繋がります。

 

肌のハリやシワ対策にもなりますし、
更年期障害の根本原因を解決するのにぴったり
です。

 

更年期障害が起こることを不安に思う女性はたくさんいます。
ですが、対策方法が解ればもう怖がる必要もありません。

 

そして、更年期障害を軽減できれば、肌の老化も防げます。
適切な対処をして、アンチエイジング効果をバッチリ体感したいですね。