しっかり睡眠をとる

アンチエイジングにとって睡眠時間をきちんと確保し、質の高い睡眠をすることを習慣づけるということが大切です。

 

入眠、数時間以内のノンレム睡眠中(深い眠り)に成長ホルモンの分泌がピークになり、
この成長ホルモンがアンチエイジングに欠かせず、お肌を修復しコラーゲンをつくりだします。

 

 

・睡眠を7時間はとる

 

睡眠不足の人は肌の回復が遅く、睡眠が十分な人に比べて老化現象も2倍早く進行します。
不眠症の定義は「睡眠6時間未満である」「十分な睡眠ではない」ということです。
睡眠不足は確実にあなたの老化を早めます。

 

・寝る前はスマホの画面を暗くする

 

パソコンやスマホの明るい画面を長時間見ると、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が阻害されて熟睡できなくなります。
寝る前のスマホは「中~低」の暗めの画面の設定にして早めに切り上げるべきです。

 

・手足を温めてから寝る

 

足先が冷えてしまって寝付けないことがあります。
体が中心部のみを温めて手足などの末端の血流が少なくなっています。
そんなときは、簡単にできる手足を温めるストレッチを行います。
息が上がらない程度の軽い運動を睡眠前に行うことで、リラックスし快眠効果があります。

 

いかがでしたか?
アンチエイジングとは 歳を取ることによって起る老化の原因を抑制することによって、老化を予防したり、改善することです。

 

効果のイメージとしては、老化における「時計の針を止める」のではなく「針を少し戻してその進みを遅らせる」と考えると分かりやすいでしょう。

 

このような生活習慣を続けることで、見た目年齢も若返り、心身ともに健康的になれます。
「いつまでも若くいたい」という願いをかなえることができるはずです。