骨盤ストレッチをする

卵巣の機能の低下を防ぐために、骨盤内のこりをほぐして血流を促すストレッチをしましょう。

 

 

なぜなら、エストロゲンは卵巣で作られており、卵巣の健康がお肌の状態を表すといわれるほど重要な臓器だからです。

 

ちなみに、閉経後は卵巣からのエストロゲンの分泌は停止しますが、卵巣の働きが低下すると、低体温や冷えなどの原因になります。
骨盤ストレッチはこうした機能低下を防ぎ、肌を正常な状態に導いてくれます。