4、悩み、年代、肌質を基準に選ぶ

同じ悩みとは言っても、年代によって深刻さ・解決しやすさが違っていることがあります。
あまり早い段階からリッチなアンチエイジング化粧品を使う必要はありませんし、
年代が上がればリッチなものを選んだ方がいい場合も多いです。

 

 

また、もっとも大切ともいえるのが肌質です。

 

特に敏感肌の方は、低刺激で肌に優しいアンチエイジング化粧品を選ぶ必要があるので、注意が必要です。

 

一般的に、効果の高い化粧品は、敏感肌の方には厳しい場合が多いですが、
中には敏感肌でもエイジングケアができる化粧品もあります。

 

諦めずに自分に合う基礎化粧品を探していくことが大切です。