ハイドロキノンとは?そのアンチエイジング美容効果

アンチエイジングケアを進めていくにあたって、スキンケアの面では保湿が最大のポイントになります。

 

肌の土台を整えることで、さらに上のハリケアや美白ケアが効率よくすすめていけるんです。

 

 

そして、肌の見た目に一番影響を与えるのが、シミやそばかすですよね。
しっかりと肌の土台が整ったら、見た目年齢を変化させるために、
効果的な美白ケアを進めていきましょう。

 

美白有効成分には色々なものがありますが、
今大注目なのが「ハイドロキノン」です。

 

ハイドロキノンは、肌の中で紫外線によって酸化した細胞を
還元(酸化状態から元に戻すこと)し、透明感のある肌へと導いてくれます。

 

元々ハイドロキノンは、イチゴや麦芽などに含まれる天然の成分であり、
工業用の酸化防止剤として使用されていました。
この時、酸化防止のパワーが注目されて、
アメリカで化粧品として用いられるようになりました。

 

日本国内では、2001年以降化粧品への利用が認められましたが、
強い作用を持っているのでそれだけ注意が必要であるとされています。

 

ハイドロキノンは、シミやそばかす、くすみの原因となるメラニンを作り出す
“チロシナーゼ”を阻害する働きがあります。
これによって、メラニンを作らせないので、
シミができない環境をつくることができるんです。

 

また、メラニンを作り出す工場のようなもの“メラノサイト”の数を減らして、
メラニンができる量を少なくする効果も。
これによって、シミの予防に効果を発揮してくれます。

 

さらに、酸化して黒くなったメラニンを白くする効果があるので、
すでにできてしまったシミにも大きな効果が期待できます。
シミやそばかすの予防にも、目立たなくするケアにも、
どちらにもハイドロキノンは大きな効果があるんですね。

 

しかし、先に書いた通りに刺激が強い成分でもあるので、
化粧品を選ぶ際にはパッチテストを行うのが得策です。

 

また、購入してから時間が経ったものは成分が劣化して、
赤みやかぶれの原因となるので使わないようにしましょう。

 

さらに、ハイドロキノンの入ったクリームなどを使った後は、
しっかりと紫外線対策を行わなければいけません。
ハイドロキノンは紫外線を浴びると、
シミを余計に黒く目立たせてしまう恐れがあります。

 

こういった点に注意して、正しく使っていきましょう。

 

どのアンチエイジング化粧品を選んでいいかわからない?
そんな方のために質問に答えるだけで
あなたにぴったりのものを探せます!

 

アンチエイジング化粧品