セラミドとは?そのアンチエイジング美容効果

セラミドとは、人間の肌にもともとある成分のひとつで、肌細胞の間に存在し、水分や油分をため込んでくれる、保湿成分です。

 

 

同じような働きをする成分はヒアルロン酸やコラーゲンなど有名なものがいくつかありますが、セラミドの最大の特徴は、肌のバリア機能として働く『細胞間脂質』の約半分を担っているということです。

 

セラミドは肌表面に水分と油分のバリアを張り巡らせ水分蒸発を防ぐとともに、外的刺激が肌の奥へ伝わるのを防ぐのです。

 

セラミドが不足すると肌は紫外線や細菌に弱くなり、荒れや乾燥を引き起こしやすくなってしまいます。
その状態が長く続けば、重度の敏感肌やアトピーを発症する可能性もあります。

 

セラミドの肌への効果

 

バリアは肌表面に近いところで機能していますから、体の内部からつくり出すよりは化粧品などで外側からの塗布が効果的です。
また、お肌内部にあるヒアルロン酸やコラーゲンの保湿力を、強力にサポートする役目も果たしてくれます。

 

さらに、もともと人体に存在する成分なので、すでに敏感になっている肌でも刺激物と認識されにくいです。
セラミドを補給してバリアを回復させてあげれば、ひどく荒れていた肌も徐々に健康を取り戻すことができます。

 

つまり、お肌にうるおいを保つための根本的な働きから、他の保湿・美肌成分のサポートまで、セラミドが担っているということなのです。

 

理想の肌状態を目指すためには、まず取り入れるべき美肌成分だといっても過言ではないのです。

 

セラミド化粧品の正しい選び方

 

セラミド化粧品の正しい選び方は、単にセラミドを含有しているというだけでなく、以下の3つのポイントをチェックすることで、本当に効果を実感できる化粧品を見つけることができます。

 

1、「天然」セラミドであること
セラミドには3種類あり、動植物から抽出する「天然」、酵母などから合成して作られた「天然型」、分子構造が似ているけど全く別物の「疑似」がありますが、疑似はセラミドとしての効果が低いことがわかっています。

 

人間が一番吸収・活用しやすいのは、自然のままのもの、つまり天然セラミドです。
効果を最大限に得たいなら、天然を選びましょう。

 

また、米や麦、コンニャクなど、セラミドの由来も注目してみましょう。
例えばコンニャクセラミドは、肌への吸収力が特に高いことでも知られています。こういったポイントも見逃せません。

 

2、その他美容成分が入っていること
ヒアルロン酸やコラーゲンなど、セラミドと相乗効果が期待できたり、別々の部分で効果を発揮する成分が含有されているものの方が、セラミドが上手く働くことができて効果的です。

 

ただし、植物エキス等のオーガニック系は効果も高い反面刺激になることもありますから、自身の肌にトラブルが起きないかのチェックは必ずしてください。

 

3、お肌への刺激が最小限であること
セラミド自体はほとんど肌への刺激がおこる物質ではありません。
しかし、一緒に含有されている成分に化学的なものが多ければ、肌の奥で敵とみなされる可能性はなくはありません。

 

炎症が表面まで伝わらなくとも、肌の奥で何かしらトラブルが起こっていれば回復速度に影響しますから、現在の肌状態に関係なく刺激の少ないものを選ぶほうが良いです。

 

セラミド配合のおすすめドクターコスメはコチラ

 

どのアンチエイジング化粧品を選んでいいかわからない?
そんな方のために質問に答えるだけで
あなたにぴったりのものを探せます!

 

アンチエイジング化粧品