紫外線による光老化とは?知っておきたい注意点と対策法

光老化とは、紫外線によって肌が老化してしまうことです。

 

しみやしわが気になり始めると、年齢のせいかな?と思いがちですが、加齢によるものだけではありません。
紫外線を浴びたことによっても起こる、肌の老化があります。

 

 

これを「光老化」と呼び、避けることができない加齢による自然老化と区別されています。
自然老化はたったの20%で、実はその原因の約80%は、「光老化」であるといわれています。

 

自分の体でも、例えば上腕の内側と顔の皮膚を比べてみると、顔の方がしみやしわが目立っていませんか?
顔や首、手の甲など普段から日光に当たっている部分は、日光に当たらない皮膚と比べると、老化の程度がかなり進んでいます。
しわができるのは年齢のせいだから仕方ない、とあきらめてしまわずに、まず紫外線から肌をしっかり守ってあげましょう。

 

紫外線が肌に与える影響

 

わたしたちは一口に「紫外線」と呼んでいますが、紫外線は波長が長い順に、UVA、UVB、UVCの3種類に分けられます。
そのうち、地上まで届いて肌に影響をあたえるのはUVAとUVBの2種類
UVAより波長の短いUVBは、真皮の浅い層までで止まりますが、皮膚への影響が強く、はれや痛みなどのヒリヒリした炎症を引き起こして肌に大きなダメージをあたえます。
波長が長いUVAは、曇りでも容赦なく降り注ぎ、表皮の下の真皮深くまで届き、じわじわと肌にダメージを与える怖い紫外線です。
肌はUVAとUVBの両方の紫外線からダメージを受けているのです。

 

光老化は、逃避にもダメージを与える

 

また光老化は、皮膚だけの問題ではありません。

 

実はもっとも多く紫外線を受けるのは頭皮なのです。
頭皮こそがもっとも光老化がおきやすい場所なのです。
頭皮に光老化が起こってしまうと、まず紫外線が毛髪の内部にあるメラニンを分解してしまうため、
たとえ健康な毛髪であったとしても赤茶けた色に変わってしまいます。

 

光の加減によっては、白っぽく変わってしまうこともあり、老けたような印象を与えてしまうようになるでしょう。

 

また、髪の毛の内部も光老化してしまうことで、
毛髪のたんぱく質を構成するシスティンという結合部分にも
紫外線によるダメージが与えられてしまうので、髪の毛が弱くなってしまいます。
そして、髪の毛が抜けやすくなったり、枝毛や切れ毛がひどくなってしまうのです。

 

光老化の対策法

 

では対策法はあるのでしょうか。

 

紫外線が肌にあたると皮膚が傷つけられ活性酸素が発生します。

 

この活性酸素が肌の奥にある真皮を傷つけ肌の弾力のもとであるコラーゲンの精製をさまたげシワやたるみの原因を作ってしまいます。
そうならないためにも光老化の防止方法として大切なのは、紫外線に当たらないようにすることです。

 

対策法として、肌に直接太陽光をあてないように日焼け止めを塗ったり、UVカットすることができる日傘をさしたり、帽子をかぶったりするのも効果的です。
ただ、それだけではアスファルトから反射する紫外線までは防止することができません。

 

地面からも照り返してくる紫外線を防止し、光老化を防ぐためにはしっかりとUVカット効果のある日焼け止めを使うことも重要です。

 

皮膚の自己回復力を高めるヒートショックプロテイン

 

紫外線が原因によって引き起こされる光老化ですが、傷ついてしまった肌を回復させることはできます。
人間には誰しも、怪我や病気をしたときに元に戻そうとする力である「自己回復力」が備わっています。

 

この自己回復力を高めることで、光老化によって老化してしまった肌も回復させることができるのです。
皮膚の自己回復力を高めるためには、ヒートショックプロテインと呼ばれる自己回復たんぱく質を作り出す必要があります。

 

このたんぱく質をつくり出すためには健康的な生活を行い、冷えない身体を作ることが大切だとされています。

 

このたんぱく質は「熱」に反応するとされているため、40度ぐらいのお風呂に10分間浸かると体内でヒートショックプロテインが作られ、光老化した肌も回復させることができるようになります。

 

あるトラック運転手の話があります。

 

トラック運転手として28年間もの間、ずっと顔の左半分にサイドガラスから直射日光を受けていたのですが、このトラック運転手の顔は、右と左ではまるで別人のように肌が違います。

 

光を受けなかったほうの右半分側は年相応に肌にたるみやシワが見えるのですが、
28年間ずっと直射日光を受け続けていた顔の左半分にはまるでおじいさんのようにいくつものシワができ、
肌もたるんでしまって若々しさが全くありません。

 

これは太陽の紫外線による光老化が原因です。

 

紫外線が肌に当たることによって、肌の奥にある真皮が傷ついてしまいシワやたるみの原因になるのですが、ずっと太陽の光を受け続けていると肌の老化をはやめることになってしまうのです。

 

知らないうちに光老化になっているかもしれません。
お出かけの際にはスキンケアをしっかりすることが大切です。

 

光老化対策におすすめの美容液はコチラ

 

どのアンチエイジング化粧品を選んでいいかわからない?
そんな方のために質問に答えるだけで
あなたにぴったりのものを探せます!

 

アンチエイジング化粧品