アルジルリンとは?そのアンチエイジング美容効果

アンチエイジングを行うためのケアして、
一番重要とも言えるのが、「シワ」や「たるみ」、
「ほうれい線」のケアではないでしょうか。

 

 

これまでは、コラーゲンやヒアルロン酸などが、
こうした肌のたるみからくるダメージに効果的だとされてきましたが、
今大注目の美容成分があるんです。

 

それが“アルジルリン”です。

 

アルジルリンは、「塗るボトックス」とも呼ばれているほど、
シワやたるみのケアに効果的。

 

アルジルリン効果のヒミツ

 

では、その効果のヒミツを詳しくご紹介していきましょう。

 

アルジルリンは、たんぱく質の一種であり、
肌細胞を活性化させる働きを持っています。

 

昔、ヘビの毒を肌に注射して、内側からたるみを改善する
「ボトックス」が流行しましたが、やはり危険性も重視されており、
効果がある半面、不評である事実もありました。

 

そんな時、ヘビ毒を注射するくらい効果的だと
発見されたのがアルジルリンでした。

 

アルジルリンはボトックスの様に注射をするわけではなく、
普通の化粧品と同じように肌の上から塗るだけでOK。

 

シワがある部分に2週間ほど塗るというモニター実験において、
20%以上シワが浅くなったという結果が出ています。

 

アルジルリンの安全性

 

そんなに効果があるなんて、肌に刺激にならないの?と思うかもしれませんが、
アルジルリンはたんぱく質=アミノ酸の一種なので、肌に強い負担を与えません。

 

まして、ヘビ毒よりも安全性が高いのは一目瞭然ですね。

 

アルジルリン配合のおすすめ化粧品はコチラ